スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京編初日夜の部

6/9(土),6/10(日)

東京編初日夜の部です。

二郎を食べた後,練馬の光が丘に行き客先に挨拶

その後地下鉄で新宿に行き,ホテルにチェックイン

時計を見ると午後6時過ぎ,昼食べた二郎の麺が中々下がらないのよね~

とりあえず2時間ほどベッドに横になりながらうたた寝したら目が覚めたのが

午後8時ちょうどでした。

お腹は減ってないが予定通り目的の店に向かう事にしました。


AKIMOTOYA-1.jpg


西武新宿駅から電車に乗り降りた駅はこちら


NOGATA.jpg


西区の野方はテリトリーですがこちらの野方は初めてございます。

午後9時過ぎの閑散とした商店街の一角のこのお店


AKIMOTOYA-2.jpg





焼きトン屋さんのお店[秋元屋]

東京在住のFC2ブロガーさん(現在は福岡市在住?)の記事を拝見し,とても美味しそうだったので
今回の訪問となりました。


店の中に入ると手前側にテーブル席が沢山あり
その先は焼き場がなんと左右両側に2ヶ所,焼き場の回りはカウンター席があり
15名ぐらいは座れそうな感じでしたので50名ぐらいは入れそうなキャパでした。


博多でもこれほど沢山のお客さんが入れる焼き鳥店は少ないのでは?

そんな広いお店ですが土曜の午後9時過ぎなのにほぼ満員状態な大にぎわい。

これは期待が持てますよ~~



カウンター席に案内され中生ビール(530円)を注文

メニューです。


AKIMOTOYA-4.jpg


AKIMOTOYA-5.jpg


AKIMOTOYA-6.jpg


AKIMOTOYA-7.jpg


串物の殆どが100円と120円です。

安いよね!



かしら,ちれ,がつ・・・何処の部位かぜんぜん分かりません。

初めてなのでメニュー表には載ってませんでしたが6本セット(値段失念)を頼みました。

串物の殆どは醤油タレで頼みましたが味噌ダレもありますよ。

AKIMOTOYA-3.jpg

まずはいつものごとく生ビ-ル





1本当たりのネタが大きいですよ,一般的な博多の焼き鳥の1.5倍~2倍ぐらいはありそうな感じです。


AKIMOTOYA-9.jpg


AKIMOTOYA-8.jpg


AKIMOTOYA-10.jpg




さていただきましょうかね

旨い!旨いよ~~どれもこれもレアな感じの焼き具合。




醤油ダレはアッサリなのでいくらでも食べれそう。

焼き鳥は塩焼きをメインで食べますが焼きトンはタレが断然旨いと思います。


博多で一度だけ焼きトンを食べた事がありますがちょっとレベルが違いますね。

やっぱり本場で食べないと良さが分かりませんね。


昼の二郎が胃の中に残ってましたが6本をさくっと食べきり

生ビールをお替わりしてあと1本だけ食べよう


ねぎま(120円)を注文


AKIMOTOYA-11.jpg





もちろん醤油ダレでね


これもやっぱり旨いですな



生ビール2杯飲んだおかげで調子付いてしまいましたが今夜はこの辺で勘弁してあげましょう


お会計は忘れましたが1800円ぐらいじゃなかったかと・・・

安すぎない?計算間違えてない???


いや~~満足しましたよ
このお店は次回も来店確実ですね!


そんなこんなで東京1日の予定はこれで終了です。

さあホテルに戻りましょう。






ホテルの帰り道に気になる店があったんでテイクアウトしました。


BURGER_KING-1.jpg


BURGER_KING-2.jpg



バーガーキングのワッパーチーズ(480円) 

博多では食べれないからついつい買ってしまいました。





ビッグサイズで食べ応えあり,そして中々美味しいんだよね。





さあ風呂入って寝ましょ!

東京編2日目は次回と言うことで




◇秋元屋◇

所在地: 東京都中野区野方5-28-3
TEL: 03-3338-6236
営業時間:[月~金]17:00~24:00
[土]16:00~24:00
[日・祝]16:00~24:00

スポンサーサイト
[ 2012/07/05 18:00 ] グルメ 焼き鳥 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://prs97.blog75.fc2.com/tb.php/440-04e95a53


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。