スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦節10年でカジキ!

トロ-リングの季節は、もう終わりましたね
今年の大会は、2日間共に波が高く
玄界灘に出ることを数回試みましたが
玄界島を超えることは出来ませんで、遭えなく
港で二日間過ごしました。
トローリング大会に参加しだして10年目、
2006年の夏、遂にその時が来ました。

大会二日目、その日の朝は、曇り空模様、風も少々有り、
波も私には、若干苦痛の1.5m~2.0mは、あったでしょうか、

釣りのポイントに着き、いつものように左右のアウトリガーを出し
ロッドを4本セットします。”あ~この波はきついな~~”
とか呟きながら、船のデッキで揺られながら洋上の景色を見ていたのですが
いつの間にかウトウトしておりました。

2時間ぐらい経ったでしょうか、右舷方向からジーッ、ジーッ、と
音がします、ヒットしました。

全員体制準備に掛かろうと、船の後方に集まります。
その時、魚がフックを外そうと体をくねらせながら跳ねました!

銀色?白色?ぽい大型魚、そうですカジキです。
カジキが跳ねる姿が見れるのも感動ものです。


以前にも、鮪、カジキはヒットさせた事は有ったので
皆落ち着きながら、各人の役割を遂行すべく動きます。

キャプテンも落ち着きながらリールを巻いていきます。
ラインのテンションを緩めないように、最善の注意を払います。

1時間ぐらいで船べりまで引き寄せ、ダブルラインを掴み
ギャフを打ちます。ギャフは綺麗に掛かってるみたいです。
もう大丈夫だ!落ち着け落ち着け!

カジキにとどめを刺すためにバットで強打します。


仮死状態になると、一瞬カジキは綺麗な薄青色みたいな色になります。
(だからカジキの事を”ブルーマーリン”て呼ぶらしいです)

カジキが動かないのを確認し。船の後方まで移動させ
ツノの向きに注意しながら二人がかりで取り込みました。


その”カジキ”がこれです。
123↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

kajiki2_convert_300.jpg

釣ったカジキはどうしたって?
そりゃあもちろん3枚に下ろし、小分けにして
みんなで持ち帰りましたよ!
と言っても家の冷蔵庫に入りきれないので
近所の方や、知り合いにもおすそ分けしました。


カジキは鶏の”ささみ”みたいな肉質であっさりしてます。
煮て良し、焼いて良し、揚げて良しといった所でしょうか。
食べきるのに1年掛かりましたが。

kajiki gyotaku-convert_300

hune_convert_300.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ レジャー・娯楽へ
スポンサーサイト
[ 2008/11/19 18:22 ] 釣り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://prs97.blog75.fc2.com/tb.php/21-1bdb1613


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。